美白 オールインワンゲル

MENU

美白、シミ対策で選ぶオールインワンゲル|BEST5

美白ケアができるオールインワンゲル

美白ケア、シミ対策ができるオールインワンゲルについてご紹介しています。
顔だけじゃない!!全身に使えるオールインワンゲル

 

1つで化粧水からクリームまでお手入れできるオールインワンゲルが各化粧品メーカーから売り出されている。
オールインワンゲル=顔へ使うと思われがちだが、オールインワンゲルは顔以外にボディローション、ボディミルク、はたまた日焼け止めまで体全体に様々使えるのだ。
以下で詳しく紹介していきたいと思う。

 

そもそもオールインワンゲルって何?

オールインワンゲルとは、1つで化粧水、乳液、美容液、クリームなどの効果が得られるゲル状、もしくはクリーム状の化粧品である。
各メーカーによって1つで得られる効果は様々で、パック、日焼け止め、化粧下地の効果を持ち合わせているものもあり、筆者の知る限りでは最大7役(化粧水・乳液・美容液・クリーム・パック・
日焼け止め・化粧下地)まで持たせているものもある。百貨店での販売をメインとする化粧品ブランドよりは薬局やドラッグストアで購入できるもの、通信販売のみの販売が多い。

 

美白ができるオールインワンゲルのメリット

名前の通り、1つで全てのお手入れを終えることができるのが一番の特長である。忙しくてお肌のお手入れに長い時間を割けない人にお勧めである。また休日など肌のお手入れにあまり熱心にならなくていい日だけ使う休日使いの人もいるようだ。
例えばパック効果まで持ち合わせているオールインワンゲルは、風呂上がりにこれ1つだけ塗ってしまえば化粧水〜パックまでの工程が終わるのでとっても楽ちんである。

 

顔だけじゃない!!全身に使えるオールインワンゲル

本題に移ろう。オールインワンゲルはもちろん顔への使用がメインだが、顔へ使える化粧品は体にも使える。以下では顔以外の使用方法を紹介していきたい。

 

・ボディローション、ボディミルクとして
風呂上がりにボディローションなどを塗る人も多いだろう。ボディローションやボディミルクは保湿をメインにしており、水分、油分の内どちらかといえば油分をメインにしているものが多い。腕や足は顔のように化粧水で肌に水分を与えるイメージが薄いが、体も当然水分にほる保湿はした方がいい。ハンドモデルなどは手が綺麗なのが売りなので、顔と同様に化粧水で手にパックをして乳液、クリームなどを塗っている人も多いようだ。そこへオールインワンゲルである。オールインワンゲルは1つで化粧水、乳液の働きがあるのでわざわざ段階を踏んでお手入れをしなくてもいい。またボディローションなどに比べ含水率(水分の割合)が高いので、しっかり肌に水分を与えることができる。オールインワンゲルはジャー容器に入っているものが多く、値段もそう高くないのでたっぷり体全体に使えるのが嬉しい。

 

・日焼け止めとして
各メーカーでのオールインワンゲル開発競争が高まり、今では夏に使える日焼け止め効果のあるオールインワンゲルはもはや主流である。紫外線カット力を示すSPF、PAも各社どんどん最高値を目指すようになり、現在では最高のUVカット力であるSPF50+、PA++++を持つものも多い。SPF、PAが同じならオールインワンゲルでも一般の日焼け止めでも紫外線カット力は同じなのだから、腕や首など体に普通の日焼け止めでなくオールインワンゲルを塗る方法もある。日焼け止めだと特有のキシキシ感を感じることもあるが、オールインワンゲルは化粧水の効果があるから日焼け止めを塗りつつ保湿もしている状態になる。日焼けを予防しつつ肌のお手入れもできるのだ。

 

美白ケアができるオールインワンゲルについて
更新履歴